アジサイには列記とした育て方がある|愛でたいなら一読

丈夫で簡単に育てられる

個性が反映される花

園芸用品

梅雨の時期になると綺麗な花を咲かせているアジサイを目にする機会が多くあります、アジサイは病気にも強く初心者でも簡単に育てることが出来ます。
育て方も様々で、庭先にもインテリアにも飾れます。
植える場所についてですが、地植えでも鉢植えでも育てることができ、最近では家の周りに連ねて植えてある光景があります。
そのようにアジサイを大きく沢山育てたい場合、まず鉢植えである程度根が出てくるところまで管理し、それから地植えをすることによって成功率があがります。
芽を買ってきてそのまま地植えでも構いませんが、根が小さいうちは風で倒れてしまったり、動物によって踏まれてしまう可能性もあるので、上記の方法がお勧めです。
そしてアジサイを育てるにあたって最大の楽しみは土に含まれる成分を変えることで花の色が変わることです。
土の成分が酸性の時は青色、アルカリ性では赤色になります。
特に何も土に配合しなければ、日本の雨は基本酸性なのでそのまま育つと青色の花が咲くことが多いです。
育て方の本などを参考にするとピートモスや赤土、腐葉土などを一定の割合で配合する方法が載っていますが、現在ホームセンターなどで既に花の色に適した用土が販売されているので、特にこだわりがなければ簡単に育てられます。
敢えて土を一から配合しながら育てると淡いピンク色になったり、色のグラデーションが出来たりと育て方は多種多様であり、そこがアジサイ栽培の醍醐味といっても過言ではありません。
庭先意外にもインテリアとして室内用に飾ったりするのもお洒落です。
室内用の育て方を実践すれば、必ず目を引く一品になります。
個人の要望に応じて、凝れば凝っただけ反応を返してくれるのがアジサイなのです。

初夏に咲く花

植物

5月から7月頃の初夏に咲く花としてアジサイがあります。
アジサイは毎年花を咲かせ、赤や青など非常に鮮やかになるので見ごたえがあります。
ここではそんなアジサイの育て方を紹介します。
アジサイは地植えでも鉢植えでも問題なく育てることができますが、育て方で若干注意するポイントがあります。
地植えの場合は冬に苗を植えて、土が乾いたら水をあげることだけ注意していれば、そこまで難しいことはありません。
植える場所については適度に風通しが良く、西日が当たりすぎないところが良いです。
風通しが良すぎて寒すぎる場所では新芽が出ないことがありますので注意が必要です。
鉢植えの花を楽しみ、花が散った後に地植えにするのも良いです。
鉢植えのアジサイの育て方としては、とにかく土が乾燥したら水をあげることがポイントです。
水切れは枯れる原因となります。
夏場は朝水をあげても夕方乾いているようであれば夕方にも水をあげます。
冬場に葉が落ちても根は生きていますので、土が乾いていたら水をあげてください。
水以外の育て方のポイントとして剪定があります。
その年に伸びた枝からは翌年は花が咲きません。
その前の年に伸びた枝から翌年花が咲くことになります。
そのため花が咲き終わった後に、全ての枝を選定してしまうと、翌年は花が咲かず、1年おきにしか花が咲きませんので注意が必要です。
アジサイは同じ木でも土によって花の色が変わります。
土が酸性であれば花は青色に、土がアルカリ性であれば花は赤色になります。
日本の雨は酸性寄りであり、花は青になりがちですので、赤くしたいのであれば石灰などで土をアルカリ性にすると良いです。

赤花用と青花用で異なる土

婦人

梅雨の時期は雨の日が続きがちで陽射しが少なくなるせいか、ガーデニングには向かない季節のように思われがちです。
そんな梅雨時に一際色鮮やかな花を咲かせて庭を彩ってくれる存在として、アジサイはガーデニング愛好家から根強い人気があります。
アジサイの育て方はコツさえつかめばそれほど難しくありませんが、種から育てるのは困難なので多くの人は園芸店から苗を購入しています。
鉢植えの状態で売られている場合は素焼きの植木鉢に植え替えした方が通気性が良くなり、花が終わった後にも一回り大きい鉢や庭に植え替えるのが育て方のコツです。
園芸店や通販サイトで売られているアジサイの苗は、1000円台から2000円台といった価格帯が平均相場となっています。
栽培するには苗の他に土や肥料が必要で、水やりをするためのジョーロや土作りのためのシャベル、剪定に使うハサミなども持っていない人は取り揃えておくといいでしょう。
アジサイを育てるのにそれほど高額の費用がかかるわけではないため、ガーデニングの対象としてもポピュラーな花と言えます。
アジサイの育て方では花の色によって適した土がありますので、特に鉢植えの場合はアジサイ専用土の購入も検討されます。
赤花用としてはアルカリ性の土が適しており、自分で土づくりをする場合は赤玉土と腐葉土をメインに有機石灰を混ぜるようにするのが効果的です。
青花用には酸性の土が適しているため、コケ類を原料として作られる土壌改良材のピートモスを2割ほど混ぜます。
いずれも園芸店や通販サイトでは1袋1000円前後で売られており、比較的安価に取り揃えることができます。
アジサイの苗や用土などを園芸店から購入する際には、事前にインターネットで評判を調べてから利用するのも賢い方法です。
用土選択など育て方のポイントさえしっかり抑えておけば、アジサイは毎年梅雨時にきれいな花を咲かせて目を楽しませてくれます。